くしゃみの記事一覧

パブロン点鼻クイックは、医療用医薬品のザジテン点鼻液0.05%(一般名:ケトチフェンフマル酸塩)に血管収縮作用のあるナファゾリン塩酸塩を配合した一般用医薬品(鼻炎用点鼻薬)です。販売は大正製薬。2012年11月9日に発売されました。

市販薬のパブロン点鼻クイックは医療用成分を配合していながら、処方せんが無くても薬局やドラッグストアで購入可能です。

医療用ザジテン点鼻液とパブロン点鼻クイックの違い

「パブロン点鼻クイック(医療用のザジテン点鼻液に血管収縮作用成分を配合した市販薬)」の続きを読む »

鼻炎用点鼻液

市販薬(一般用医薬品)のアレグラFX錠と医療用のアレグラ錠とでは、使用上の注意点に違いがあります。 アレグラFXを購入する際は薬剤師に説明を受けてください。

 

アレグラFX してはいけないこと

「医療用と同成分のアレグラFX(フェキソフェナジン)の用法・用量、使用上の注意点」の続きを読む »

鼻炎用内服薬

医療用のインタール点鼻液2%と同じ成分(クロモグリク酸ナトリウム)が配合されたアレルギー性鼻炎用点鼻液は各社から販売されています。クロモグリク酸ナトリウムは1997年にスイッチOTC化されています。

しかし、医療用のインタール点鼻液と市販されているクロモグリク酸ナトリウム配合の点鼻液は同じではありません。

「クロモグリク酸ナトリウム配合の市販点鼻薬を使用する際の注意点」の続きを読む »

鼻炎用点鼻液

ナザールARは、医療用医薬品のベクロメタゾンプロピオン酸エステルを含むステロイド点鼻液の一般用医薬品(OTC)です。OTCのステロイド点鼻薬としては国内初となります。

ステロイド成分のベクロメタゾンプロピオン酸エステルは2010年にスイッチOTC化され、同年12月7日に佐藤製薬から発売となりました。

「ナザールAR 花粉症に使える眠くならないステロイド点鼻市販薬」の続きを読む »

鼻炎用点鼻液

ザジテンAL鼻炎スプレーαクールは、医療用医薬品のザジテン点鼻液と同じ成分(一般名:ケトチフェンフマル酸塩)を含むアレルギー性鼻炎用点鼻液です。

2005年にスイッチOTC化された当初はザジテンAL点鼻スプレーのみでしたが、2012年1月5日にはザジテンAL鼻炎スプレーαとザジテンAL鼻炎スプレーαクールが発売されました。

「ザジテンAL鼻炎スプレーαクール(清涼感のある抗アレルギー点鼻液)」の続きを読む »

鼻炎用点鼻液

ザジテンAL鼻炎スプレーαは、医療用医薬品のザジテン点鼻液と同じ成分(一般名:ケトチフェンフマル酸塩)を含むアレルギー性鼻炎用点鼻液です。

2005年にスイッチOTC化された当初はザジテンAL点鼻スプレーのみでしたが、2012年1月5日にはザジテンAL鼻炎スプレーαとザジテンAL鼻炎スプレーαクールが発売されました。

「ザジテンAL鼻炎スプレーα(ザジテンAL点鼻スプレーの改良版)」の続きを読む »

鼻炎用点鼻液

ザジテンAL鼻炎スプレーは、医療用医薬品のザジテン点鼻液と同じ成分(一般名:ケトチフェンフマル酸塩)を含むアレルギー性鼻炎用点鼻液です。2005年にスイッチOTC化され、ノバルティスにより販売されています。

「ザジテンAL鼻炎スプレー(医療用ザジテン点鼻液と同じ成分の市販薬)」の続きを読む »

鼻炎用点鼻液

スカイナーAL錠は、医療用医薬品のアゼプチン錠(一般名:アゼラスチン塩酸塩)と同じ成分を含む、抗アレルギー一般用医薬品です。2006年にスイッチOTC化された当初は第1類医薬品でしたが、2011年1月7日より第2類医薬品に変更されています。

 

以前はハイガードという名前で販売されていましたが、アゼラスチン塩酸塩のリスク区分が第1類から第2類に変更されたことに伴い、第2類医薬品のスカイナーAL錠として2011年1月11日にエーザイより販売開始となりました。

 

アゼプチン錠は医師の処方せんが必要ですが、市販薬のスカイナーAL錠であれば、処方せん無しでも薬局やドラッグストアで購入可能です。

「スカイナーAL錠(医療用のアゼプチン錠と同じ成分の市販薬)」の続きを読む »

その他のアレルギー用薬