病院に行かなくても薬局で買える、医療用と同じ成分の市販薬を調剤薬局の管理薬剤師が解説します。

クロモグリク酸ナトリウムが入った医療用と同じ市販の目薬はある?

クロモグリク酸ナトリウムが入った医療用と同じ市販の目薬はある?
  • URLをコピーしました!

以前病院でもらっていた『インタール点眼液』が製造中止になってしまったそうです。その薬と同じ薬って処方せんが無くても薬局やドラッグストアで購入できますか?

インタール点眼液』ですね。
医療用のインタール点眼液は製造中止になってしまいましたが、ジェネリック医薬品ならまだ医療用に残っています。

今回は『クロモグリク酸Na点眼液2%』と同じ成分の点眼薬が一般用医薬品として購入できるか解説していきます。

この記事書いた人
phama_di(ファマディー)

<プロフィール>

  • 大手調剤薬局の管理薬剤師
  • 管理薬剤師歴は10年以上
  • 一般用医薬品も幅広く販売

スイッチOTC成分を正しく使って上手にセルフメディケーションをするお手伝いをしていきます。

医療用『インタール点眼液』と同じ成分のクロモグリク酸ナトリウムは1997年にスイッチ化され、一般用医薬品として発売されました。

クロモグリク酸ナトリウムが入った市販薬は処方せんが無くても薬局やドラッグストア、インターネットで購入可能です。

医療用(先発品):なし インタール点眼液2% 2021年3月末日で薬価削除

医療用(後発品):クロモグリク酸Na点眼液2%

目次

クロモグリク酸ナトリウムってどんな薬?

クロモグリク酸ナトリウムはケミカルメディエーター遊離抑制薬に分類される抗アレルギー薬です。

原因物質となるヒスタミンの遊離を抑制することで、目のかゆみや赤みの症状を抑えます。

医療用のクロモグリク酸ナトリウムは単剤ですが、市販薬には単剤の商品はありません。

併用すると効果が良いと言われているクロルフェニラミンマレイン酸塩との配合剤が多く販売されています。

その他の抗アレルギー点眼薬はこちらをご覧ください。

クロモグリク酸Na含有の市販薬(一般用医薬品)は購入可能

調査の結果、これらの商品は全てクロモグリク酸単剤ではありませんでした。医療用のクロモグリク酸ナトリウム点眼と全く同じ商品はありません。
ただ、成分の追加により効果が高いものがありますので紹介していきます。

クロモグリク酸ナトリウムクロルフェニラミンマレイン酸塩を含有している点眼薬

アイカフーンAG
アイカフーンAGプラス
アイジーAL
アスゲン点眼薬AG
アルシェルターEX
アレプロALG点眼薬
エスビヤンAC
エージーアイズアレルカットC
エージーアイズアレルカットM
エージーアイズアレルカットS
エーゼットアルファ
サフィオAC
サンテFX AL
スキットアイAC
スタディーALG
ビュークリアALクール
ピュアリッチALG点眼薬
マリンアイAL
マリンアイALG
眼涼アルファーストEX

このうち、すでに発売が終了しているものもあります。

さらにプラノプロフェンという抗炎症成分を含有している製品もありますが、それについては別の記事にまとめてありますので、ぜひそちらをご覧ください。

アイカフーンAG

成分 100mL中分量
クロモグリク酸ナトリウム1000mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩15mg
グリチルリチン酸二カリウム125mg
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム200mg
ピリドキシン塩酸塩100mg
タウリン1000mg
  • クロモグリク酸ナトリウム:抗アレルギー成分
  • クロルフェニラミンマレイン酸塩:抗ヒスタミン作用・かゆみ止め
  • グリチルリチン酸二カリウム:抗炎症成分
  • コンドロイチン硫酸エステルナトリウム:角膜保護・乾燥防止
  • ピリドキシン塩酸塩:ビタミンB6
  • タウリン:新陳代謝を活発にする

アイカフーンAGプラス

成分 100mL中分量
クロモグリク酸ナトリウム1000mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩15mg
グリチルリチン酸二カリウム125mg
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム200mg
ピリドキシン塩酸塩100mg
タウリン1000mg
  • クロモグリク酸ナトリウム:抗アレルギー成分
  • クロルフェニラミンマレイン酸塩:抗ヒスタミン作用・かゆみ止め
  • グリチルリチン酸二カリウム:抗炎症成分
  • コンドロイチン硫酸エステルナトリウム:角膜保護・乾燥防止
  • ピリドキシン塩酸塩:ビタミンB6
  • タウリン:新陳代謝を活発にする

アイカフーンAGと同成分です。製造元も同じです。アイカフーンAGはミナカラ薬局専用品の様です。

アスゲン点眼薬AG

成分 100mL中分量
クロモグリク酸ナトリウム1000mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩15mg
グリチルリチン酸二カリウム125mg
  • クロモグリク酸ナトリウム:抗アレルギー成分
  • クロルフェニラミンマレイン酸塩:抗ヒスタミン作用・かゆみ止め
  • グリチルリチン酸二カリウム:抗炎症成分

アイカフーンAGよりも成分の数は少ないですが、これでも十分効果は出ます。

エージーアイズアレルカットC

成分 100mL中分量
クロモグリク酸ナトリウム1000mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩15mg
グリチルリチン酸二カリウム125mg
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム200mg
  • クロモグリク酸ナトリウム:抗アレルギー成分
  • クロルフェニラミンマレイン酸塩:抗ヒスタミン作用・かゆみ止め
  • グリチルリチン酸二カリウム:抗炎症成分
  • コンドロイチン硫酸エステルナトリウム:角膜保護・乾燥防止

こちらはコンドロイチン硫酸エステルナトリウムが入った4種類です。

Cはクールタイプ。爽快感のあるクールなさし心地です。

目に対しては刺激でしかありませんので、爽快感は不要です。

エージーアイズアレルカットM

成分 100mL中分量
クロモグリク酸ナトリウム1000mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩15mg
グリチルリチン酸二カリウム125mg
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム200mg
  • クロモグリク酸ナトリウム:抗アレルギー成分
  • クロルフェニラミンマレイン酸塩:抗ヒスタミン作用・かゆみ止め
  • グリチルリチン酸二カリウム:抗炎症成分
  • コンドロイチン硫酸エステルナトリウム:角膜保護・乾燥防止

エージーアイズアレルカットMのMはモイストのM。とろみのある薬液です。成分はエージーアイズアレルカットCと同じです。

エージーアイズアレルカットS

成分 100mL中分量
クロモグリク酸ナトリウム1000mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩15mg
グリチルリチン酸二カリウム125mg
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム200mg
  • クロモグリク酸ナトリウム:抗アレルギー成分
  • クロルフェニラミンマレイン酸塩:抗ヒスタミン作用・かゆみ止め
  • グリチルリチン酸二カリウム:抗炎症成分
  • コンドロイチン硫酸エステルナトリウム:角膜保護・乾燥防止

しみないソフトなさし心地だそうです。これで充分です。

エーゼットアルファ

成分分量
クロモグリク酸ナトリウム1%
クロルフェニラミンマレイン酸塩0.015%
アズレンスルホン酸ナトリウム水和物0.02%
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム0.2%
  • クロモグリク酸ナトリウム:抗アレルギー成分
  • クロルフェニラミンマレイン酸塩:抗ヒスタミン作用・かゆみ止め
  • アズレンスルホン酸ナトリウム水和物:抗炎症成分
  • コンドロイチン硫酸エステルナトリウム:角膜保護・乾燥防止

記載の単位は異なりますが、クロモグリク酸ナトリウムの濃度は他の製品と同じです。

抗炎症成分がアズレンスルホン酸ナトリウム水和物になっていて、これは医療用でも用いられている成分(AZ点眼液0.02%)です。グリチルリチン酸二カリウムよりは効くと思います。


ピュアリッチALG点眼薬

成分 100mL中分量
クロモグリク酸ナトリウム1000mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩15mg
グリチルリチン酸二カリウム125mg

アスゲン点眼薬AG点眼と同じ成分、同じ濃度です。



マリンアイALG

成分 100mL中分量
クロモグリク酸ナトリウム1000mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩15mg
グリチルリチン酸二カリウム125mg

これも、アスゲン点眼薬AG、ピュアリッチALG点眼薬と同じ成分、同じ濃度です。


眼涼アルファーストEX

成分 100mL中分量
クロモグリク酸ナトリウム1000mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩15mg
グリチルリチン酸二カリウム125mg

これも、アスゲン点眼薬AG、ピュアリッチALG点眼薬、マリンアイALGと同じ成分、同じ濃度です。

サンテFX AL

成分分量
クロモグリク酸ナトリウム1%
クロルフェニラミンマレイン酸塩0.03%
イプシロン-アミノカプロン酸1%
アミノエチルスルホン酸(タウリン)1%
L-アスパラギン酸カリウム1%
  • クロモグリク酸ナトリウム:抗アレルギー成分
  • クロルフェニラミンマレイン酸塩:抗ヒスタミン作用・かゆみ止め
  • イプシロン-アミノカプロン酸:抗炎症成分
  • タウリン:新陳代謝を活発にする
  • L-アスパラギン酸カリウム:目の組織呼吸を高めます。

クロモグリク酸ナトリウムの濃度は他の製品と同じですが、クロルフェニラミンマレイン酸塩の濃度が他の製品の2倍です。

他の成分組成も違っています。

ただし、この薬は刺激が強すぎます。「目のかゆみに最強の爽快感」と謳っているほとです。

一時的な目のかゆみには効果があるのかもしれませんが、目にとっては刺激でしかありません。

スタディーALG

成分分量
クロモグリク酸ナトリウム1%
クロルフェニラミンマレイン酸塩0.015%

この2成分が入っていれば目のかゆみは止まると思います。

マリンアイAL

成分分量
クロモグリク酸ナトリウム1%
クロルフェニラミンマレイン酸塩0.015%

スタディーALGと同じです。この2成分がかゆみを止めるのには必要です。これで充分です。

医療用の『クロモグリク酸Na点眼液2%(成分名:クロモグリク酸ナトリウム)』と一般用医薬品の違い

医療用で使われている『クロモグリク酸Na点眼液2%(成分名:クロモグリク酸ナトリウム)』と一般用医薬品の違いがあります。

含有成分が異なる

医療用のクロモグリク酸Na点眼液2%に含まれている有効成分はクロモグリク酸ナトリウムのみです。

それに対し、市販薬ではクロルフェニラミンマレイン酸塩(抗ヒスタミン薬)など様々な成分が配合されています。

効能・効果が異なる

効能・効果とは、使用できる疾患の範囲の事。薬の強さではありません。

医療用の『クロモグリク酸Na点眼液2%(成分名:クロモグリク酸ナトリウム)』は以下の疾患に使用可能です。

アレルギー性結膜炎、春季カタル

それに対し、一般用医薬品では、以下の症状で使用可能です。

花粉,ハウスダスト(室内塵)などによる次のような目のアレルギー症状の緩和:目のかゆみ,目の充血,目のかすみ(目やにの多いときなど),なみだ目,異物感(コロコロする感じ)

※マリンアイAL

クロモグリク酸ナトリウム含有の一般用医薬品(点眼薬)を購入する際の注意

クロモグリク酸ナトリウム含有の点眼薬を使用できない方もいます。購入の際には薬剤師等に確認をお願いします。

1.次の人は使用しないで下さい。
  本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.点鼻薬と併用する場合には,使用後,乗物又は機械類の運転操作をしないで下さい。
 (眠気等があらわれることがあります)

※エージーアイズアレルカットS

製品によって注意点が異なりますのでご注意ください。

まとめ

  • 医療用のクロモグリク酸Na点眼液2%と同じ成分の一般用医薬品が販売されています。
  • 商品によって、配合されている成分が異なりますので症状に応じて選択が必要です。
  • クロモグリク酸ナトリウムとクロルフェニラミンマレイン酸塩にかゆみを止める効果がありますが、その他の成分は補助的な役割を果たしているに過ぎません。

薬剤師等に十分説明を受けたうえで購入し、用法用量を守って正しくお使いください。

結局、どれが良いのかと言われるとこの中では、スタディーALGやマリンアイALといったあまり多くの成分が入っていないもので充分だと思います。

これで効果が無ければ、別の抗アレルギー点眼薬への変更もしくは受診が必要です。

その他の抗アレルギー点眼薬

クロモグリク酸ナトリウムが入った医療用と同じ市販の目薬はある?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

一般用医薬品購入時の注意点

このサイトでは病院でもらう薬と同じ成分の薬を処方せん無しで購入できるかどうかを紹介していますが、その薬を推奨している訳ではありません。

体質や服用中の薬によっては使用できないものもあります。

一般用医薬品を購入する際には医師・薬剤師・登録販売者に相談をしてください。

免責事項
当ブログからのリンクやバナーなどで移動したサイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 また当ブログのコンテンツ・情報について、できる限り正確な情報を提供するように努めておりますが、正確性や安全性を保証するものではありません。情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

この記事を書いた人

pharma_di(ファマディー)
大手チェーン調剤薬局の管理薬剤師。
保険調剤だけでなく市販薬の販売も行っています。

国は医療費削減のため、これからセルフメディケーションを推奨してくるはず。これから自己負担の割合も3割から上がるかもしれません。

この記事を読んでくれた皆様が上手なセルフメディケーションができるよう、薬剤師という立場から市販薬を選ぶポイントを解説しています。

Follow @pharma_di

目次
閉じる