病院に行かなくても薬局で買える、医療用と同じ成分の市販薬を調剤薬局の管理薬剤師が解説します。

医療用『二フラン点眼液』と同じ成分の薬は処方せん無しで購入可能?

医療用『二フラン点眼液』と同じ成分の薬は処方せん無しで購入可能?
  • URLをコピーしました!

病院でもらった『ニフラン点眼液0.1%』と同じ薬って処方せんが無くても薬局やドラッグストアで購入できますか?

ニフラン点眼液0.1%』ですね。
では今回は『ニフラン点眼液0.1%(成分名:プラノプロフェン)』と同じ成分の薬が一般用医薬品として購入できるか解説していきます。

この記事書いた人
phama_di(ファマディー)

<プロフィール>

  • 大手調剤薬局の管理薬剤師
  • 管理薬剤師歴は10年以上
  • 一般用医薬品も幅広く販売

スイッチOTC成分を正しく使って上手にセルフメディケーションをするお手伝いをしていきます。

ニフラン点眼液0.1%(成分名:プラノプロフェン)』と同じ成分の一般用医薬品があります。処方せんが無くても薬局やドラッグストアで購入可能です。

医療用(先発品):『ニフラン点眼液0.1%

医療用(後発品):プラノプロフェン

目次

プラノプロフェンってどんな薬?

プラノプロフェンは非ステロイド性の抗炎症成分です。

プラノプロフェンは炎症の原因物質であるプロスタグランジンの生成を抑制し、目の異物感・なみだ目・充血・かゆみなどを改善します。

医療用の『ニフラン点眼液0.1%』と同じ成分の一般用医薬品は購入可能

医療用の『ニフラン点眼液0.1%』の有効成分であるプラノプロフェンはスイッチOTC化されていますので、処方せんが無くても薬局やドラッグストア、インターネットで購入が可能です。

プラノプロフェン含有製品は以下の通りです。

  • アイリスガードP
  • マイティアアイテクト
  • マイティアアイテクトEX
  • マイティアアイテクトアルピタット
  • マイティアアイテクトアルピタットN
  • マイティアアルピタットNEXα
  • マイティアアルピタットEXα
  • マイティアアルピタットEXα7
  • マイティアアルピタットNEXα7
  • ロートアルガードクリアブロックEXa
  • ロートアルガードクリアブロックZ
  • ロートアルガードクリアブロックZII
  • ロートアルガードクリアマイルドEXa
  • ロートアルガードクリアマイルドZ
  • ロートアルガードクリアマイルドZII
  • ロートアルガードクリニカルショット
  • ロートアルガードクリニカルショットm
  • ロートクリア

似たような商品名が並んでいますので、アイリスガガードP、マイティアシリーズ、ロートシリーズに分けて紹介していきたいと思います。

まずは、アイリスPガードです。

アイリスガードP

成分 (1mL中)分量
プラノプロフェン0.5mg

有効成分はプラノプロフェンのみのシンプルな処方です。

医療用のプラノプロフェン濃度は0.1%ですが、アイリスPガードのプラノプロフェン濃度は0.05%です。

マイティアアイテクト

成分 (1mL中)分量
プラノプロフェン0.5mg

マイティアアイテクトはアイリスガードP同様、プラノプロフェンのみ含有です。濃度も同じく0.5%です。

マイティアアイテクトEX

成分 (1mL中)分量
プラノプロフェン0.5mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩0.3mg
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム5mg
アミノエチルスルホン酸(タウリン)1mg
L-アスパラギン酸カリウム2mg
  • プラノプロフェン:抗炎症成分
  • クロルフェニラミンマレイン酸塩:かゆみ止め
  • コンドロイチン硫酸エステルナトリウム:角膜保護成分
  • アミノエチルスルホン酸(タウリン):目に栄養を与える
  • L-アスパラギン酸カリウム:眼組織の代謝を促す

マイティアアイテクトとマイティアアイテクトEXの違いは配合されている成分の種類数。
急にいろいろ入り始めました。ここまで複雑にする意味はあるのでしょうか。
医療用ではこんなにいろんな成分が入っているものはありません。

マイティアアイテクトアルピタット

成分(1mL中)分量
クロモグリク酸ナトリウム10mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩0.15mg
プラノプロフェン0.5mg
  • クロモグリク酸ナトリウム:アレルギー症状を引き起こす化学伝達物質(ヒスタミン)の放出を抑える
  • プラノプロフェン:抗炎症成分
  • クロルフェニラミンマレイン酸塩:ヒスタミンが受容体に結合するのをブロックしてかゆみを抑える

プラノプロフェン濃度は0.5%です。

加えてかゆみを抑える作用のある成分が2種類入っています。

クールタイプという事ですが、点眼液でクールであることが必ずしも良いというわけではありません。ℓ‐メントールが添加物として加えられています。

マイティアアイテクトアルピタットN

成分(1mL中)分量
クロモグリク酸ナトリウム10mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩0.15mg
プラノプロフェン0.5mg
  • クロモグリク酸ナトリウム:アレルギー症状を引き起こす化学伝達物質(ヒスタミン)の放出を抑える
  • プラノプロフェン:抗炎症成分
  • クロルフェニラミンマレイン酸塩:ヒスタミンが受容体に結合するのをブロックしてかゆみを抑える

マイティアアイテクトアルピタットNの「N」はノンクールタイプのN。

「マイティアアイテクトアルピタットN」にはℓ‐メントールが入っていません。

「マイティアアイテクトアルピタット」と「マイティアアイテクトアルピタットN」の違いはℓ‐メントールが入っているかどうか。清涼感の有無だけです。その他の成分は「マイティアアイテクトアルピタット」と同じです。

ℓ‐メントールが入っていない方が目には優しいです。

マイティアアルピタットEXα

成分 (1mL中)分量
クロモグリク酸ナトリウム10mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩0.3mg
プラノプロフェン0.5mg
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム5mg
  • クロモグリク酸ナトリウム:アレルギー症状を引き起こす化学伝達物質(ヒスタミン)の放出を抑える
  • プラノプロフェン:抗炎症成分
  • クロルフェニラミンマレイン酸塩:ヒスタミンが受容体に結合するのをブロックしてかゆみを抑える
  • コンドロイチン硫酸エステルナトリウム:角膜保護成分

マイティアアイテクトアルピタットとの違いは、コンドロイチン硫酸エステルナトリウムが加わり、クロルフェニラミンマレイン酸の量が2倍に増えています。

添加物にℓ‐メントールが入っているクールタイプです。

マイティアアルピタットNEXα

成分 (1mL中)分量
クロモグリク酸ナトリウム10mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩0.3mg
プラノプロフェン0.5mg
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム5mg
  • クロモグリク酸ナトリウム:アレルギー症状を引き起こす化学伝達物質(ヒスタミン)の放出を抑える
  • プラノプロフェン:抗炎症成分
  • クロルフェニラミンマレイン酸塩:ヒスタミンが受容体に結合するのをブロックしてかゆみを抑える
  • コンドロイチン硫酸エステルナトリウム:角膜保護成分

「N」が付いているのでノンクールタイプです。含有成分はマイティアアルピタットNEXαと同じです。

マイティアアルピタットEXαとマイティアアルピタットNEXαの違い

  • マイティアアルピタットEXα→クールタイプ
  • マイティアアルピタットNEXα→ノンクールタイプ

マイティアアルピタットEXα7

成分 (1mL中)分量
クロモグリク酸ナトリウム10mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩0.3mg
プラノプロフェン0.5mg
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム5mg
タウリン(アミノエチルスルホン酸)1mg
L-アスパラギン酸カリウム2mg
酢酸d-α-トコフェロール0.1mg
  • クロモグリク酸ナトリウム:アレルギー症状を引き起こす化学伝達物質(ヒスタミン)の放出を抑える
  • クロルフェニラミンマレイン酸塩:ヒスタミンが受容体に結合するのをブロックしてかゆみを抑える
  • プラノプロフェン:抗炎症成分
  • コンドロイチン硫酸エステルナトリウム:角膜保護成分
  • アミノエチルスルホン酸(タウリン):目に栄養を与える
  • L-アスパラギン酸カリウム:眼組織の代謝を促す
  • 酢酸d-α-トコフェロール:血行促進で角膜の修復を助ける

いろいろ有効成分が入っていますが、効果に違いを感じられるかどうか不明です。

ℓ-メントールが入っているクールタイプです。

マイティアアルピタットNEXα7

成分 (1mL中)分量
クロモグリク酸ナトリウム10mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩0.3mg
プラノプロフェン0.5mg
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム5mg
タウリン(アミノエチルスルホン酸)1mg
L-アスパラギン酸カリウム2mg
酢酸d-α-トコフェロール0.1mg

マイティアアルピタットEXα7とマイティアアルピタットNEXα7の違いはもうお分かりですね。

Nがついているのでノンクールタイプです。

マイティアアルピタットEXα7と成分は同じです。

ここからは、ロート製薬の製品です。

ロートアルガードクリアブロックEXa

成分 (1mL中)分量
クロモグリク酸ナトリウム10mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩0.15mg
プラノプロフェン0.5mg
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム2mg
  • クロモグリク酸ナトリウム:アレルギー症状を引き起こす化学伝達物質(ヒスタミン)の放出を抑える
  • プラノプロフェン:抗炎症成分
  • クロルフェニラミンマレイン酸塩:ヒスタミンが受容体に結合するのをブロックしてかゆみを抑える
  • コンドロイチン硫酸エステルナトリウム:角膜保護成分

マイティアアルピタットEXαと含有成分は同じですが、濃度が異なります。

ロートアルガードクリアブロックEXaの方がマイティアアルピタットEXαよりもクロルフェニラミンマレイン酸塩とコンドロイチン硫酸エステルナトリウムの含有量が少ないですね。

ロートアルガードクリアマイルドEXa

成分 (1mL中)分量
クロモグリク酸ナトリウム10mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩0.15mg
プラノプロフェン0.5mg
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム2mg

ロートアルガードクリアブロックEXaの刺激が少ないタイプです。

ロートアルガードクリアブロックZ

成分 (1mL中)分量
クロモグリク酸ナトリウム10mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩0.3mg
プラノプロフェン0.5mg
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム5mg
  • クロモグリク酸ナトリウム:アレルギー症状を引き起こす化学伝達物質(ヒスタミン)の放出を抑える
  • プラノプロフェン:抗炎症成分
  • クロルフェニラミンマレイン酸塩:ヒスタミンが受容体に結合するのをブロックしてかゆみを抑える
  • コンドロイチン硫酸エステルナトリウム:角膜保護成分

ロートアルガードクリアブロックZとマイティアアルピタットEXαでは、成分も濃度も同じです。

ロートアルガードクリアマイルドZ

成分 (1mL中)分量
クロモグリク酸ナトリウム10mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩0.3mg
プラノプロフェン0.5mg
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム5mg

ロートアルガードクリアブロックZのしみないタイプです。

ロートアルガードクリアブロックZII

成分 (1mL中)分量
クロモグリク酸ナトリウム10mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩0.3mg
プラノプロフェン0.5mg
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム5mg
グリチルリチン酸二カリウム2.5mg
  • クロモグリク酸ナトリウム:アレルギー症状を引き起こす化学伝達物質(ヒスタミン)の放出を抑える
  • プラノプロフェン:抗炎症成分
  • クロルフェニラミンマレイン酸塩:ヒスタミンが受容体に結合するのをブロックしてかゆみを抑える
  • コンドロイチン硫酸エステルナトリウム:角膜保護成分
  • グリチルリチン酸二カリウム:抗炎症成分

ロートアルガードクリアブロックZIIは、ロートアルガードクリアブロックZに抗炎症成分のグリチルリチン酸二カリウムが追加になったものです。

ロートアルガードクリアマイルドZII

成分 (1mL中)分量
クロモグリク酸ナトリウム10mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩0.3mg
プラノプロフェン0.5mg
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム5mg
グリチルリチン酸二カリウム2.5mg

ロートアルガードクリアブロックZIIと成分は同じですが、ロートアルガードクリアマイルドZIIはしみないタイプです。

ロートアルガードクリニカルショット

成分分量
トラニラスト5mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩0.3mg
プラノプロフェン0.5mg
アミノエチルスルホン酸(タウリン)10mg
  • トラニラスト:抗アレルギー成分
  • クロルフェニラミンマレイン酸塩:ヒスタミンが受容体に結合するのをブロックしてかゆみを抑える
  • プラノプロフェン:抗炎症成分
  • タウリン:栄養を補給し、新陳代謝を促進する成分

トラニラストもスイッチOTC化された成分です。

ロートアルガードクリニカルショットm

  • トラニラスト:抗アレルギー成分
  • クロルフェニラミンマレイン酸塩:ヒスタミンが受容体に結合するのをブロックしてかゆみを抑える
  • プラノプロフェン:抗炎症成分
  • タウリン:栄養を補給し、新陳代謝を促進する成分

ロートアルガードクリニカルショットとロートアルガードクリニカルショットmの違いはl-メントールの有無

清涼感が不要な方や目にしみるのが嫌な方は、l-メントールが入っていないロートアルガードクリニカルショットm(マイルド)の方をおすすめします。

mはマイルドのmです。

清涼感の有無で目のかゆみへの効果は関係ありません。差し心地の違いだけです。

ロートクリア

成分 (1mL中)分量
プラノプロフェン0.5mg

アイリスガードP、マイティアアイテクトと同じく、プラノプロフェンのみが入った製品です。

医療用の二フラン点眼0.1%に一番近いのは、アイリスガードP、マイティアアイテクト、ロートクリアの3製品です。

医療用の『ニフラン点眼液0.1%(成分名:プラノプロフェン)』と一般用医薬品の違い

医療用の『ニフラン点眼液0.1%(成分名:プラノプロフェン)』と一般用医薬品とでは、先ほど説明した含有成分以外にも違いがあります。

濃度が異なる

医療用のニフラン点眼液0.1%はプラノプロフェンの濃度は0.1%ですが、市販薬は全て0.05%です。

効能・効果が異なる

効能・効果とは、使用できる疾患の範囲の事。薬の強さではありません。

医療用の『ニフラン点眼液0.1%(成分名:プラノプロフェン)』は以下の疾患に使用できます。

外眼部及び前眼部の炎症性疾患の対症療法
(眼瞼炎、結膜炎、角膜炎、強膜炎、上強膜炎、前眼部ブドウ膜炎、術後炎症)

それに対し、一般用医薬品では

目の次の症状の緩和:異物感(コロコロ・チクチクする感じ),目のかゆみ,結膜充血,なみだ目,目やにの多いときの目のかすみ

※アイリスガードP、マイティアアイテクト、ロートクリア

抗アレルギー成分が配合されている点眼薬は効能効果が異なります。

詳細は購入時に薬剤師等から説明を受け、製品添付の文書の通りの正しい使用をお願いいたします。

使用できる年齢が異なる

医療用のニフラン点眼液0.1%は、添付文書上では使用できる年齢に制限はありません。

ですが、一般用医薬品のアイリスガードP、マイティアアイテクト、ロートクリアは7歳未満の小児への使用はできません

プラノプロフェン含有の一般用医薬品(点眼薬)を購入する際の注意

プラノプロフェン含有の点眼薬を使用できない方もいます。購入の際には薬剤師等に確認をお願いします。

次の人は使用しないこと
 (1)7歳未満の小児。
 (2)妊婦または妊娠していると思われる人。
 (3)授乳中の人。

※アイリスガードP、マイティアアイテクト、ロートクリア

プラノプロフェン以外の成分が含まれている製品は異なりますので薬剤師等に確認をしてから購入してください。

プラノプロフェン含有点眼薬のまとめ

  • ニフラン点眼液0.1%(成分名:プラノプロフェン)』と同じ成分の一般用医薬品が販売されています。
  • 医療用と市販薬ではプラノプロフェンの濃度が異なります。
  • 市販薬にはプラノプロフェン以外にも様々な成分が配合されている商品があります。

この3製品は有効成分がプラノプロフェンのみで物足りないように感じるかもしれません。医療用の半分の濃度ですし。
ただ、一時的に目の炎症を抑えるならこの3製品のいずれかで充分効果が期待できるはず。
これで効果が無ければ眼科受診です。
多くの成分が入っていれば良いというものではありません。

薬剤師等に十分説明を受けたうえで購入し、用法用量を守って正しくお使いください。

医療用『二フラン点眼液』と同じ成分の薬は処方せん無しで購入可能?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

一般用医薬品購入時の注意点

このサイトでは病院でもらう薬と同じ成分の薬を処方せん無しで購入できるかどうかを紹介していますが、その薬を推奨している訳ではありません。

体質や服用中の薬によっては使用できないものもあります。

一般用医薬品を購入する際には医師・薬剤師・登録販売者に相談をしてください。

免責事項
当ブログからのリンクやバナーなどで移動したサイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 また当ブログのコンテンツ・情報について、できる限り正確な情報を提供するように努めておりますが、正確性や安全性を保証するものではありません。情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

この記事を書いた人

pharma_di(ファマディー)
大手チェーン調剤薬局の管理薬剤師。
保険調剤だけでなく市販薬の販売も行っています。

国は医療費削減のため、これからセルフメディケーションを推奨してくるはず。これから自己負担の割合も3割から上がるかもしれません。

この記事を読んでくれた皆様が上手なセルフメディケーションができるよう、薬剤師という立場から市販薬を選ぶポイントを解説しています。

Follow @pharma_di

目次
閉じる