病院に行かなくても薬局で買える、医療用と同じ成分の市販薬を調剤薬局の管理薬剤師が解説します。

クロモグリク酸ナトリウム配合の市販点鼻薬を使用する際の注意点

  • URLをコピーしました!

医療用のインタール点鼻液2%と同じ成分(クロモグリク酸ナトリウム)が配合されたアレルギー性鼻炎用点鼻液は各社から販売されています。クロモグリク酸ナトリウムは1997年にスイッチOTC化されています。

しかし、医療用のインタール点鼻液と市販されているクロモグリク酸ナトリウム配合の点鼻液は同じではありません。

医療用のインタール点鼻液に入っている薬効成分はクロモグリク酸ナトリウムのみですが、市販薬にはクロモグリク酸ナトリウムの他にクロルフェニラミンマレイン酸塩とナファゾリン塩酸塩が配合されています。

クロモグリク酸ナトリウムのみが入った市販の点鼻薬はありません。

 

ほかに2つも成分が入っているから良いじゃないかと思うかもしれませんが、このナファゾリンという血管収縮成分があまり良くありません。(クロモグリク酸ナトリウム自体は悪くありません。)

 

ナファゾリン塩酸塩配合点鼻薬の注意点

ナファゾリン塩酸塩は血管を収縮させることで鼻づまりを解消させる作用がありますが、長期間連用することで、かえって鼻がつまりやすくなります。

添付文書には

過度に使用すると、かえって鼻づまりを起こすことがありますので用法・用量を厳守してください。

という記載があります。

 

インタール点鼻液と同じ成分だからという理由で使うのはあまりオススメできません。

 

クロモグリク酸ナトリウム+クロルフェニラミンマレイン酸塩+ナファゾリン塩酸塩配合の点鼻市販薬の使用は薬剤師の立場からはあまりオススメできません。

 

鼻づまりがひどい場合は一度耳鼻科で見てもらうのが良いでしょう。

 

花粉症やアレルギー性鼻炎に効果が高いのはやはりステロイド点鼻液です。点鼻であればステロイドの全身性の副作用はほぼ心配ありません。

ステロイド点鼻の市販薬

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

一般用医薬品購入時の注意点

このサイトでは病院でもらう薬と同じ成分の薬を処方せん無しで購入できるかどうかを紹介していますが、その薬を推奨している訳ではありません。

体質や服用中の薬によっては使用できないものもあります。

一般用医薬品を購入する際には医師・薬剤師・登録販売者に相談をしてください。

免責事項
当ブログからのリンクやバナーなどで移動したサイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 また当ブログのコンテンツ・情報について、できる限り正確な情報を提供するように努めておりますが、正確性や安全性を保証するものではありません。情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

この記事を書いた人

pharma_di(ファマディー)
大手チェーン調剤薬局の管理薬剤師。
保険調剤だけでなく市販薬の販売も行っています。

国は医療費削減のため、これからセルフメディケーションを推奨してくるはず。これから自己負担の割合も3割から上がるかもしれません。

この記事を読んでくれた皆様が上手なセルフメディケーションができるよう、薬剤師という立場から市販薬を選ぶポイントを解説しています。

Follow @pharma_di

目次
閉じる