病院に行かなくても薬局で買える、医療用と同じ成分の市販薬を調剤薬局の管理薬剤師が解説します。

解熱鎮痛薬(頭痛・生理痛薬)スイッチ成分リスト(一覧)

  • URLをコピーしました!

今までに医療用医薬品から一般用医薬品にスイッチされた解熱鎮痛薬(頭痛・生理痛薬)の成分を一覧にまとめてみました。

スイッチOTC化された解熱鎮痛成分はロキソプロフェンナトリウム、イブプロフェン、アルミノプロフェンの3種類です。

目次

イブプロフェン

1985年にスイッチOTC化。イブプロフェン医療用医薬品はブルフェン錠。

ロキソプロフェンナトリウム水和物(商品名:ロキソニンS)がスイッチ化されるまでは頭痛・生理痛用薬の売り上げはイブプロフェン含有製品で上位を独占していました。

イブプロフェンの詳細⇒イブプロフェン含有の頭痛薬・生理痛薬(医療用のブルフェン錠と同じ成分の鎮痛薬)

イブプロフェン含有商品例

その他のイブプロフェン含有の頭痛薬⇒イブプロフェン含有の頭痛薬・生理痛薬(医療用のブルフェン錠と同じ成分の鎮痛薬)

 

 

ロキソプロフェンナトリウム水和物

2010年にスイッチOTC化。医療用医薬品はロキソニン錠60mg。ロキソニンSの発売により、解熱鎮痛薬部門の売り上げシェアは大きく変動しました。

 

ロキソプロフェン含有製品

ロキソニンSの特徴⇒ロキソニンS(医療用ロキソニン錠60mgと同じ成分の市販薬)

 

アルミノプロフェン

2012年にスイッチOTC化されています。佐藤製薬からミナルフェンSまたはルミフェンという商品名で発売が予定されています。

医療用医薬品でアルミノプロフェンが含まれているものは2013年現在ありません。ミナルフェン錠100mgと同200mgという医薬品が以前ありましたが、平成20年11月末に販売中止となりました。

アルミノプロフェン含有製品

未発売

 

その他

アスピリンやアセトアミノフェン、エテンザミドなども医療用医薬品にも含有されています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

一般用医薬品購入時の注意点

このサイトでは病院でもらう薬と同じ成分の薬を処方せん無しで購入できるかどうかを紹介していますが、その薬を推奨している訳ではありません。

体質や服用中の薬によっては使用できないものもあります。

一般用医薬品を購入する際には医師・薬剤師・登録販売者に相談をしてください。

免責事項
当ブログからのリンクやバナーなどで移動したサイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 また当ブログのコンテンツ・情報について、できる限り正確な情報を提供するように努めておりますが、正確性や安全性を保証するものではありません。情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

この記事を書いた人

pharma_di(ファマディー)
大手チェーン調剤薬局の管理薬剤師。
保険調剤だけでなく市販薬の販売も行っています。

国は医療費削減のため、これからセルフメディケーションを推奨してくるはず。これから自己負担の割合も3割から上がるかもしれません。

この記事を読んでくれた皆様が上手なセルフメディケーションができるよう、薬剤師という立場から市販薬を選ぶポイントを解説しています。

Follow @pharma_di

目次
閉じる