病院に行かなくても薬局で買える、医療用と同じ成分の市販薬を調剤薬局の管理薬剤師が解説します。

水虫治療の軟膏(ミコナゾール硝酸塩含有)【効果があるのはどれ?】

水虫治療の軟膏(ミコナゾール硝酸塩含有)【効果があるのはどれ?】
  • URLをコピーしました!

恥ずかしいのですが、水虫で困っています。できれば医療用でも使っているのと同じ成分で良く効く市販薬が欲しいです。薬局やドラッグストアで買えますか?

医療用でも使用されているミコナゾール硝酸塩という成分の商品で軟膏、クリーム、液剤タイプの商品があります。今回は軟膏について解説していきます。

この記事書いた人
phama_di(ファマディー)

<プロフィール>

  • 大手調剤薬局の管理薬剤師
  • 管理薬剤師歴は10年以上
  • 一般用医薬品も幅広く販売

スイッチOTC成分を正しく使って上手にセルフメディケーションをするお手伝いをしていきます。

医療用のミコナゾール硝酸塩はスイッチOTC化されています。
処方せんが無くても薬局やドラッグストアでの購入が可能です。

医療用(先発品):軟膏はなし。クリームのみ。

医療用(後発品):軟膏はなし。クリームのみ。

医療用のフロリードDクリームは水虫だけでなく、婦人科ではカンジダ治療薬としても多く使われています。カンジダ治療目的であればこちらをご覧ください。

また、水虫治療でクリームや液剤を使いたいという方はこちらが参考になります。

目次

ミコナゾール硝酸塩ってどんな薬?

ミコナゾール硝酸塩は、アゾール系の抗真菌薬で水虫の原因菌の増殖を抑えます。

日本ではクリーム、ゲル(内服用)、膣錠、注射剤、口腔粘膜付着剤が医療用として使用されています。

ミコナゾール硝酸塩含有の市販薬(軟膏)は処方せんなしで購入可能

ミコナゾール硝酸塩含有の市販薬(軟膏)は以下の通りです。

  • ホルサ水虫軟膏
  • ミコナック軟膏
  • ルーフ水虫軟膏

ホルサ水虫軟膏

成分(100g中)分量
ミコナゾール硝酸塩1.0g
ヒノキチオール0.1g
リドカイン2.5g
クロタミトン10.0g

抗真菌成分のミコナゾール硝酸塩に加えて、抗菌作用のあるヒノキチオール、かゆみを鎮めるクロタミトン、痛みを止めるリドカインが含まれています。

ミコナック軟膏

成分(100g中)分量
ミコナゾール硝酸塩1.0g
ヒノキチオール0.1g
リドカイン2.5g
クロタミトン10.0g

ホルサ水虫軟膏と同じ成分が含まれています。

ルーフ水虫軟膏

成分(100g中)分量
ミコナゾール硝酸塩1g
ジフェンヒドラミン1g
リドカイン2.5g
グリチルレチン酸1g

ルーフ水虫軟膏だけ成分が他とは異なっています。

抗真菌成分のミコナゾール硝酸塩に加え、かゆみを鎮めるジフェンヒドラミン、痛みと抑えるリドカイン、抗炎症作用のあるグリチルレチン酸がが含まれています。

成分で比較すれば、ルーフ水虫軟膏がかゆみに対しては効果がありそうです。

ですが、どの商品でも1日1~2回しっかり塗り続ければ効果は出るはずです。

ミコナゾール硝酸塩含有の医療用医薬品と市販薬の違い

医療用医薬品にはミコナゾール硝酸塩の軟膏はありません。

一般用医薬品のミコナゾール硝酸塩含有の軟膏は以下の疾患に使用できます。

みずむし,いんきんたむし,ぜにたむし

ミコナゾール硝酸塩含有の軟膏を使用してはいけない人

ミコナゾール硝酸塩含有の軟膏を使用できない方もいます。購入時は薬剤師等から説明を受けて購入してください。

次の部位には使用しないこと
 (1)目や目の周囲,粘膜(例えば,口腔,鼻腔,膣等),陰のう,外陰部等。
 (2)湿疹。
 (3)湿潤,ただれ,亀裂や外傷のひどい患部。

※ルーフ水虫軟膏より(他の製品も同じです)


ミコナゾール硝酸塩含有の軟膏 一般用医薬品のまとめ

  • ミコナゾール硝酸塩は医療用にも使用されている成分です。
  • 軟膏は医療用にはありません。
  • 市販薬の軟膏はどの商品もミコナゾール硝酸塩の濃度は同じですから水虫に対する効果は同じです。
  • 他に配合されている成分が製品によって異なるので、かゆみを鎮める効果には若干の違いがありそうです。

用法用量を守って正しくお使いください。

水虫治療の軟膏(ミコナゾール硝酸塩含有)【効果があるのはどれ?】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

一般用医薬品購入時の注意点

このサイトでは病院でもらう薬と同じ成分の薬を処方せん無しで購入できるかどうかを紹介していますが、その薬を推奨している訳ではありません。

体質や服用中の薬によっては使用できないものもあります。

一般用医薬品を購入する際には医師・薬剤師・登録販売者に相談をしてください。

免責事項
当ブログからのリンクやバナーなどで移動したサイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 また当ブログのコンテンツ・情報について、できる限り正確な情報を提供するように努めておりますが、正確性や安全性を保証するものではありません。情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

この記事を書いた人

pharma_di(ファマディー)
大手チェーン調剤薬局の管理薬剤師。
保険調剤だけでなく市販薬の販売も行っています。

国は医療費削減のため、これからセルフメディケーションを推奨してくるはず。これから自己負担の割合も3割から上がるかもしれません。

この記事を読んでくれた皆様が上手なセルフメディケーションができるよう、薬剤師という立場から市販薬を選ぶポイントを解説しています。

Follow @pharma_di

目次
閉じる