病院に行かなくても薬局で買える、医療用と同じ成分の市販薬を調剤薬局の管理薬剤師が解説します。

フロリードDクリーム1%と同じ成分のカンジダ治療薬は薬局で買える?

フロリードDクリーム1%と同じ成分の市販薬は薬局で買える?
  • URLをコピーしました!

カンジダが再発して困っています。病院でもらった『フロリードDクリーム1%』と同じ成分の市販薬は薬局やドラッグストアで買えますか?

フロリードDクリーム1%』ですね。
では今回は、『フロリードDクリーム1%(成分名:ミコナゾール硝酸塩)』と同じ成分の市販薬が薬局で買えるか解説していきます。

この記事書いた人
phama_di(ファマディー)

<プロフィール>

  • 大手調剤薬局の管理薬剤師
  • 管理薬剤師歴は10年以上
  • 一般用医薬品も幅広く販売

スイッチOTC成分を正しく使って上手にセルフメディケーションをするお手伝いをしていきます。

医療用の『フロリードDクリーム1%』と同じ成分のミコナゾール硝酸塩クリームはスイッチOTC化されています。
処方せんが無くても薬局やドラッグストアでの購入が可能です。

医療用(先発品):フロリードDクリーム1%

医療用(後発品):ミコナゾール硝酸塩クリーム1%

目次

フロリードDクリーム1%』に入っているミコナゾール硝酸塩ってどんな薬?

ミコナゾール硝酸塩は、アゾール系の抗真菌薬でカンジダによる腟や外陰部の炎症を鎮める効果があります。

日本では膣錠の他に、クリーム、ゲル(内服用)、注射剤が医療用として使用されています。

ミコナゾール硝酸塩含有の市販薬(クリーム)は処方せんなしで購入可能

ミコナゾール硝酸塩含有の市販薬(クリーム)は以下の通りです。

  • シュトガード腟カンジダクリーム
  • ミオリエットクリーム(販売終了)
  • メディトリートクリーム

メディトリートクリーム

成分 1g中分量
ミコナゾール硝酸塩10mg

メディトリートクリームは医療用のフロリードDクリーム1%と同じ濃度のクリーム剤です。

シュトガード腟カンジダクリーム

成分 1g中分量
ミコナゾール硝酸塩10mg

シュトガード腟カンジダクリームは医療用のフロリードDクリーム1%と同じ濃度のクリーム剤です。

ミコナゾール硝酸塩クリームの医療用医薬品と市販薬の違い

医療用医薬品のミコナゾール硝酸塩クリームの市販薬との間には違いがあります。

効能・効果が異なる

効能・効果が異なります。効果といっても効き目が違うわけではありません。

医療用の『フロリードDクリーム1%(成分名:ミコナゾール硝酸塩)』は以下の疾患に使用できます。

下記の皮膚真菌症の治療

  • 白癬:体部白癬(斑状小水疱性白癬,頑癬),股部白癬(頑癬),足部白癬(汗疱状白癬)
  • カンジダ症:指間びらん症,間擦疹,乳児寄生菌性紅斑,爪囲炎,外陰部カンジダ症,皮膚カンジダ症
  • 癜風

一般用医薬品のミコナゾール硝酸塩含有のクリームは以下の疾患に使用できます。

膣カンジダの再発による、発疹を伴う外陰部のかゆみ(以前に医師から,膣カンジダの診断・治療を受けたことのある人に限る。)ただし、膣症状(おりもの、熱感等)を伴う場合は、必ず膣剤(膣に挿入する薬)を併用すること

過去に膣カンジダの診断を受け、治療をしたことのある人が再発した場合にのみ使用可能です。

さらに、おりものや熱感等の膣症状がある場合には、膣剤を併用することとされています。

使用できる年齢が異なる

医療用のフロリードDクリーム1%は添付文書上、年齢制限はありません。

一般用医薬品のミコナゾール硝酸塩含有のクリームは、15歳以上60歳未満の方のみ使用可能ですのでご注意ください。

ミコナゾール硝酸塩含有のクリームを使用してはいけない人

ミコナゾール硝酸塩含有のクリームを使用できない方もいます。購入時は薬剤師等から説明を受けて購入してください。

1.次の人は使用しないでください
(1)初めて発症したと思われる人。(初めて症状があらわれた場合は,他の疾病が原因の場合がありますので,医師の診断を受ける必要があります)
 (2)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。(本剤の使用により再びアレルギー症状を起こす可能性があります)
 (3)15歳未満又は60歳以上の人。(15歳未満の人は初めて発症した可能性が高く,また60歳以上の人は他の疾患の可能性や他の菌による複合感染の可能性があるため)
 (4)妊婦又は妊娠していると思われる人。(薬の使用には慎重を期し,医師の診断を受ける必要があります)
 (5)発熱,悪寒,下腹部痛,背中や肩の痛み,色のついた又は血に染まったおりもの,魚臭いおりもの,生理の停止,腟からの不規則又は異常な出血,腟又は外陰部における潰瘍,浮腫又はただれがある人。(別の疾病の可能性がありますので,医師の診断を受ける必要があります)
 (6)次の診断を受けた人。
  糖尿病(頻繁に本疾病を繰り返す可能性が高いので,医師の診断を受ける必要があります)
 (7)ワルファリン等の抗凝血剤を服用している人。(ワルファリンの作用である出血傾向が強くなる場合があります)
 (8)本疾病を頻繁に繰り返している人。(1〜2ヵ月に1回又は6ヵ月以内に2回以上)
 (9)腟カンジダの再発かわからない人。(自己判断できない場合は,医師の診断を受ける必要があります)
2.次の部位には使用しないでください
 (1)腟周辺(外陰)以外の部位。(本剤は外陰部以外に使用する製品ではありません)

※メディトリートクリーム

ミコナゾール硝酸塩含有のクリーム 一般用医薬品のまとめ

  • ミコナゾール硝酸塩は医療用にも使用されている成分です。
  • 市販薬に含まれているミコナゾール硝酸塩の濃度は医療用のものと同じです。
  • 過去に膣カンジダの診断を受け、再発した人のみ使用できます。
  • 膣症状のある方は膣錠を併用してください。

膣錠について解説した記事がありますのでご覧ください。

用法用量を守って正しくお使いください。

フロリードDクリーム1%と同じ成分の市販薬は薬局で買える?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

一般用医薬品購入時の注意点

このサイトでは病院でもらう薬と同じ成分の薬を処方せん無しで購入できるかどうかを紹介していますが、その薬を推奨している訳ではありません。

体質や服用中の薬によっては使用できないものもあります。

一般用医薬品を購入する際には医師・薬剤師・登録販売者に相談をしてください。

免責事項
当ブログからのリンクやバナーなどで移動したサイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 また当ブログのコンテンツ・情報について、できる限り正確な情報を提供するように努めておりますが、正確性や安全性を保証するものではありません。情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

この記事を書いた人

pharma_di(ファマディー)
大手チェーン調剤薬局の管理薬剤師。
保険調剤だけでなく市販薬の販売も行っています。

国は医療費削減のため、これからセルフメディケーションを推奨してくるはず。これから自己負担の割合も3割から上がるかもしれません。

この記事を読んでくれた皆様が上手なセルフメディケーションができるよう、薬剤師という立場から市販薬を選ぶポイントを解説しています。

Follow @pharma_di

目次
閉じる