アレグラFXは、医療用医薬品のアレグラ錠60mg(一般名:フェキソフェナジン塩酸塩)と同じ成分の市販薬(一般用医薬品)で久光製薬により販売されています。

アレグラ錠60mgは医師の処方せんが必要ですが、市販薬のアレグラFXであれば、処方せん無しでも薬局やドラッグストアで購入可能です。


アレグラFX

医療用には口の中で溶けるアレグラOD錠60mgと、7歳以上12歳未満の小児にも使用可能なアレグラ錠30mgがありますが、一般用としては市販されていません。一般向けのアレグラFXが服用可能な年齢は15歳以上です。15歳未満の方は医療機関を受診してください。

 

このアレグラFXは医療用のアレグラ錠60mgと同じ成分が同じ量含まれており、服用回数も1日2回と同じです。効果は医療用も市販薬も全く同じです。

 

同じ成分を含有する医療用医薬品名

アレグラ錠60mg

成分と含有量

医療用のアレグラ錠60mgと同じく、アレグラFX1錠中にはフェキソフェナジン塩酸塩が60mg含まれています。

リスク分類

第1類医薬品

薬効分類

鼻炎用内服薬

アレグラFXの特徴

(久光製薬ホームページより)

  • フェキソフェナジン塩酸塩が花粉やハウスダストによる、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりなどのつらいアレルギー症状を改善します。
  • 脳に影響を及ぼしにくいため、眠くなりにくいアレルギー性鼻炎のお薬です。
  • また、集中力、判断力、作業能率の低下をきたしにくいお薬です。
  • 1日2回で効き目が1日続きます。
  • 空腹時でも飲めるお薬です。

以下の症状にお使いいただけます

花粉、ハウスダスト(室内塵)などによる次のような鼻のアレルギー症状の緩和:くしゃみ、鼻みず、鼻づまり

用法・用量

成人(15才以上)、1回1錠、1日2回 朝夕に服用してください。

服用上の注意点

副作用として口のかわき、便秘、下痢、眠気がでることがありますが、頻度は低いです。

アレグラFX(フェキソフェナジン)の用法・用量、使用上の注意点

価格・値段

メーカー希望小売価格 14錠(7日分):1380円 / 28錠(14日分):1980円

アレジオン10との比較⇒花粉症治療薬アレジオン10の価格最安値は?アレグラFXとの比較も。

アレグラFXについて

関連する医薬品