病院に行かなくても薬局で買える、医療用と同じ成分の市販薬を調剤薬局の管理薬剤師が解説します。

ムコダイン(L-カルボシステイン)と同じ成分の市販薬は薬局で買える?

ムコダイン(L-カルボシステイン)と同じ成分の市販薬は薬局で買える?
  • URLをコピーしました!

痰が絡むのですが咳は出ません。以前病院で『ムコダイン錠』をもらいました。あれって痰を切る薬ですよね?ムコダイン錠と同じ成分の薬は処方せんが無くても薬局で買えますか?

ムコダイン錠ですね。

では今回は、ムコダイン錠』と同じ成分(L-カルボシステイン)の市販薬について解説していきたいと思います。

この記事書いた人
phama_di(ファマディー)

<プロフィール>

  • 大手調剤薬局の管理薬剤師
  • 管理薬剤師歴は10年以上
  • 一般用医薬品も幅広く販売

スイッチOTC成分を正しく使って上手にセルフメディケーションをするお手伝いをしていきます。

医療用のムコダイン錠250mgムコダイン錠500mg細粒、ムコダインDS50%』の有効成分であるL-カルボシステインはスイッチOTC化されています。
処方せんが無くても薬局やドラッグストア、インターネットでの購入が可能です。

医療用(先発品)

  • ムコダイン錠250mg
  • ムコダイン錠500mg
  • ムコダインDS50%
  • ムコダインシロップ5%

医療用(後発品)

  • カルボシステイン錠250mg
  • カルボシステイン錠500mg
  • カルボシステインDS50%
  • カルボシステインシロップ5%

結論
L-カルボシステイン単剤の一般用医薬品はありませんでした。
しかし、咳止めが入っていないLーカルボシステイン含有の一般用医薬品ならあります。

目次

L-カルボシステインってどんな薬?

カルボシステインは痰の成分組成を調整して粘度を下げる作用がある。さらに、気道炎症抑制作用や気管支粘膜の正常化作用、副鼻腔の粘膜正常化作用も併せ持つ成分です。

医療用では一般的な薬で、痰がからむ風邪症状に対してよく処方されます。

シロップ剤、ドライシロップ剤もあり、0歳児にも処方されることがあるほど安全性の高い成分です。

L-カルボシステイン含有の市販薬は処方せんなしで購入可能

L-カルボシステイン含有の市販薬はたくさんありますが、全て配合剤です。

ムコダインと同じ成分であるL-カルボシステイン単剤の商品は残念ながら販売されていません。

単剤でも売れると思うのですが。

ここからは、咳止め成分が入っていないL-カルボシステイン含有商品に絞って紹介していきたいと思います。

全9製品です。

  • エフストリン去たん錠
  • クールワン去たんソフトカプセル
  • ストナ去たんカプセル
  • スパート去たんカプセル
  • スルーロン去たん錠
  • セシオン去たん錠
  • タイムコール去たん錠
  • リココデSクリア
  • 去痰CB錠

フストリン去たん錠

成分 (1錠中)分量
L-カルボシステイン125mg
ブロムヘキシン塩酸塩 2mg
  • L-カルボシステイン:去痰薬
  • ブロムヘキシン塩酸塩

次の1回量を1日3回食後に服用してください。
[年齢:1回量]
大人(15才以上):2錠
8才以上15才未満:1錠
8才未満:服用しないこと

成人の1日量(6錠)で換算すると、カルボシステインが750mg、ブロムヘキシン塩酸塩12mgとなります。

医療用に置き換えると、ムコダイン錠250mg 3錠ビソルボン錠4mg 3錠と同じです。

クールワン去たんソフトカプセル

成分 (1カプセル中)分量
L-カルボシステイン125mg
ブロムヘキシン塩酸塩 2mg

[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):2カプセル:3回
8歳以上15歳未満:1カプセル:3回
8歳未満:服用しないこと

こちらはカプセル剤です。含有成分と量はエフストリン去たん錠と同じです。

ストナ去たんカプセル

成分 (1カプセル中)分量
L-カルボシステイン125mg
ブロムヘキシン塩酸塩 2mg

[年齢:1回服用量:1日服用回数]
大人(15才以上):2カプセル:3回
8〜14才:1カプセル:3回
8才未満:服用しないでください

この商品も同成分、同量配合です。

スパート去たんカプセル

成分 (1カプセル中)分量
L-カルボシステイン125mg
ブロムヘキシン塩酸塩 2mg

[年齢:1回服用量:1日服用回数]
大人(15才以上):2カプセル:3回
8〜14才:1カプセル:3回
8才未満:服用しないでください

これも含有成分は同じです。一番安いものを購入していただければと思います。

スルーロン去たん錠

共和薬品工業株式会社WEBサイトより
成分 (1錠中)分量
L-カルボシステイン125mg
ブロムヘキシン塩酸塩 2mg

次の1回量を1日3回食後に服用してください。
[年齢:1回量]
大人(15才以上):2錠
8才以上15才未満:1錠
8才未満:服用しないこと

錠剤タイプです。含有成分はこの商品も同じです。

セシオン去たん錠

成分 (1錠中)分量
L-カルボシステイン125mg
ブロムヘキシン塩酸塩 2mg

次の1回量を1日3回食後に服用してください。
[年齢:1回量]
大人(15才以上):2錠
8才以上15才未満:1錠
8才未満:服用しないこと

タイムコール去たん錠

成分 (1錠中)分量
L-カルボシステイン125mg
ブロムヘキシン塩酸塩 2mg

次の1回量を1日3回食後に服用してください。
[年齢:1回量]
大人(15才以上):2錠
8才以上15才未満:1錠
8才未満:服用しないこと

リココデSクリア

成分 1包中分量
チペピジンヒベンズ酸塩25mg
L-カルボシステイン250mg
  • チペピジンヒベンズ酸塩:去痰作用のある咳止めです。子供でも使用できる成分で、医療用では「アスベリン」という名前で使用されています。

唯一の散剤です。しかも、含有成分が異なります。

医療用のビソルボンではなく、アスベリンが配合されています。アスベリンは鎮咳薬に分類されますが、去痰作用もありますのでここに入れました。

ムコダイン(カルボシステイン)+アスベリン(チペピジンヒベンズ酸塩)の組み合わせの製品は他にはありません。

但し、1包に、成人量1回分が入っているので、子供には飲ませづらい包装です。

大人(15歳以上)1回1包,
11歳以上15歳未満1回2/3包,
8歳以上11歳未満1回1/2包 
1日3回服用する。なお,服用間隔は4時間以上おくこと。

去痰CB錠

成分 (1錠中)分量
L-カルボシステイン125mg
ブロムヘキシン塩酸塩 2mg

次の1回量を1日3回食後に服用してください。
[年齢:1回量]
大人(15才以上):2錠
8才以上15才未満:1錠
8才未満:服用しないこと

錠剤タイプで、L-カルボシステイン+ブロムヘキシンの組み合わせです。

医療用のムコダインと市販薬の違い

医療用と市販薬では違いがあります。

含有成分・含有量が異なる

医療用医薬品のムコダイン錠250mgムコダイン錠500mg細粒、ムコダインDS50%やその後発品も、含有している有効成分はL-カルボシステインのみです。

それに対し、一般用医薬品はブロムヘキシン塩酸塩やチペピジンヒベンズ酸塩などの別成分も配合されています。

カルボシステイン単剤の製品は執筆時点では発売されていませんでした。

効能・効果が異なる

効能・効果と言っても、効き目が違うわけではありません。どんな症状に使用できるかです。

医療用医薬品のムコダイン錠250mgムコダイン錠500mg細粒、ムコダインDS50%は以下の疾患で使用されます。

〇下記疾患の去痰
 上気道炎(咽頭炎、喉頭炎)、急性気管支炎、気管支喘息、慢性気管支炎、気管支拡張症、肺結核
〇慢性副鼻腔炎の排膿
〇滲出性中耳炎の排液(※シロップ、DSの小児のみ)

L-カルボシステイン含有の一般用医薬品は以下の疾患に使用できます。

たん、たんのからむせき

服用できる年齢が異なる

医療用のムコダイン錠250mgムコダイン錠500mg細粒、ムコダインDS50%ムコダインシロップ5%には添付文書上、服用できる年齢に制限はありません。

L-カルボシステイン含有の市販薬は、8歳未満の小児は服用しないことと記載されています。

L-カルボシステイン含有の市販薬を使用してはいけない人

L-カルボシステイン含有の市販薬を使用できない方もいます。購入時は薬剤師等から説明を受けて購入してください。

1.次の人は服用しないで下さい。
 (1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も服用しないで下さい。
 他の鎮咳去痰薬,かぜ薬,鎮静薬,抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(鼻炎用内服薬,乗物酔い薬,アレルギー用薬等)

L-カルボシステイン含有の一般用医薬品は、8歳未満の小児:服用しないこととされていますのでご注意ください。

カルボシステイン含有 一般用医薬品のまとめ

  • カルボシステインは医療用にも使用されている成分です。
  • カルボシステイン単剤の市販薬はありません。ブロムヘキシンなどの去痰薬が配合されています。
  • 市販薬のカルボシステイン含有製品は8歳未満は服用できません。
  • ここで紹介した以外にも総合感冒薬にカルボシステインが含まれている総合感冒薬はたくさんあります。不必要な薬を飲まないためにも必要最小限配合の商品のみ紹介しました。

L-カルボシステイン(ムコダイン)+ブロムヘキシン(ビソルボン)

L-カルボシステイン(ムコダイン)+チペピジンヒベンズ酸塩(アスベリン

用法用量を守って正しくお使いください。

ムコダイン(L-カルボシステイン)と同じ成分の市販薬は薬局で買える?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

一般用医薬品購入時の注意点

このサイトでは病院でもらう薬と同じ成分の薬を処方せん無しで購入できるかどうかを紹介していますが、その薬を推奨している訳ではありません。

体質や服用中の薬によっては使用できないものもあります。

一般用医薬品を購入する際には医師・薬剤師・登録販売者に相談をしてください。

免責事項
当ブログからのリンクやバナーなどで移動したサイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 また当ブログのコンテンツ・情報について、できる限り正確な情報を提供するように努めておりますが、正確性や安全性を保証するものではありません。情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

この記事を書いた人

pharma_di(ファマディー)
大手チェーン調剤薬局の管理薬剤師。
保険調剤だけでなく市販薬の販売も行っています。

国は医療費削減のため、これからセルフメディケーションを推奨してくるはず。これから自己負担の割合も3割から上がるかもしれません。

この記事を読んでくれた皆様が上手なセルフメディケーションができるよう、薬剤師という立場から市販薬を選ぶポイントを解説しています。

Follow @pharma_di

目次
閉じる