病院に行かなくても薬局で買える、医療用と同じ成分の市販薬を調剤薬局の管理薬剤師が解説します。

生理前の不快なPMS症状に効果のある市販薬【プレフェミン】の特徴

生理前の不快なPMS症状に効果のある市販薬【プレフェミン】の特徴
  • URLをコピーしました!

生理前のイライラなどの症状を抑える市販薬はありますか?

月経前症候群(PMS=プレ・メンストラル・シンドローム)に効果のある市販薬があります。

では今回は月経前症候群に良く効く市販薬について解説していきます。

この記事書いた人
phama_di(ファマディー)

<プロフィール>

  • 大手調剤薬局の管理薬剤師
  • 管理薬剤師歴は10年以上
  • 一般用医薬品も幅広く販売

スイッチOTC成分を正しく使って上手にセルフメディケーションをするお手伝いをしていきます。

西洋ハーブ(チェストベリー)は医療用医薬品には使用されていませんが、2014年に医療用成分を経ずに一般用医薬品として使用可能なダイレクトOTCとなりました。

目次

プレフェミン(成分名:西洋ハーブ(チェストベリー))ってどんな薬?

市販薬のプレフェミンはチェストベリーのエキスを有効成分とした月経前症候群(PMS=プレ・メンストラル・シンドローム)の不快な症状を緩和する医薬品です。

プレフェミンを継続的に服用することで、精神的・身体的両方が改善されることがわかっています。

  • 乳房の張り
  • 頭痛
  • いらいら感
  • 怒り
  • 抑うつ気分
  • 肌荒れ
  • 疲労倦怠感
  • 腹部膨満感
  • 睡眠障害(眠気)
  • 睡眠障害(不眠)

のいずれの症状にも効果があると認められています。

成分 1錠中分量内訳
チェストベリー乾燥エキス40mg(チェストベリー180mg)

次の1回量を服用してください。

[年齢:1回量:1日服用回数]
成人女性(18歳以上):1錠:1回
18歳未満:服用しないでください。

プレフェミンに含まれているチェストベリーはギリシャ・ローマ時代から婦人科系疾患の治療に用いられてきた歴史がある西洋ハーブです。

西洋ハーブといってもプレフェミンは健康食品ではなく、医薬品です。健康食品よりも厳しい検査を経ていますし、患者を対象とした臨床試験によって効果が実証されています。

サプリメントとも全く異なります。

プレフェミンは唯一のPMS治療薬

プレフェミンの他に市販薬では月経前症候群(PMS)に効果のある薬はありません。

プレフェミンは日本で唯一のPMS治療薬です。

プレフェミンは以下の症状のある方が服用できます。

月経前の次の諸症状(月経前症候群)の緩和:乳房のはり,頭痛,イライラ,怒りっぽい,気分変調

次の1回量を服用してください。

[年齢:1回量:1日服用回数]
成人女性(18歳以上):1錠:1回
18歳未満:服用しないでください。

プレフェミンを使用できない方もいますので購入時は薬剤師等から説明を受けて購入してください。

1.次の人は服用しないでください
 (1)授乳中の人。
 (2)本剤又はチェストベリー(別名チェストツリー、アグニ)によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.本剤を服用している間は、次の食品を摂取しないでください
 チェストベリー(別名チェストツリー、アグニ)を含む食品

プレフェミンのまとめ

  • プレフェミンは日本で月経前症候群(PMS)改善薬です
  • 医療用では使用されていませんが、臨床試験を実施した医薬品です。
  • サプリメントやハーブとは異なり、効果が認められています。

用法用量を守って正しくお使いください。

似た名前の商品にベルフェミンがありますのでまちがえないように。こちらは足のむくみに効果のある医薬品です。

生理痛でお困りの方はこちらをどうぞ。

女性専用薬は他にもあります。頻尿や尿漏れでお困りの方にはこんな薬もあります。

生理前の不快なPMS症状に効果のある市販薬【プレフェミン】の特徴

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

一般用医薬品購入時の注意点

このサイトでは病院でもらう薬と同じ成分の薬を処方せん無しで購入できるかどうかを紹介していますが、その薬を推奨している訳ではありません。

体質や服用中の薬によっては使用できないものもあります。

一般用医薬品を購入する際には医師・薬剤師・登録販売者に相談をしてください。

免責事項
当ブログからのリンクやバナーなどで移動したサイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 また当ブログのコンテンツ・情報について、できる限り正確な情報を提供するように努めておりますが、正確性や安全性を保証するものではありません。情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

この記事を書いた人

pharma_di(ファマディー)
大手チェーン調剤薬局の管理薬剤師。
保険調剤だけでなく市販薬の販売も行っています。

国は医療費削減のため、これからセルフメディケーションを推奨してくるはず。これから自己負担の割合も3割から上がるかもしれません。

この記事を読んでくれた皆様が上手なセルフメディケーションができるよう、薬剤師という立場から市販薬を選ぶポイントを解説しています。

Follow @pharma_di

目次
閉じる