アレグラ錠60mgの記事一覧

医療用医薬品のアレグラ錠60mgと同じ効果の市販薬、アレグラFX(久光製薬)はケンコーコムの医薬品売り上げランキングでリアップに次いで第2位を記録しています(2月28日23時44分更新ランキングより)。

アレグラFXの特徴はとにかく眠気が出にくいこと。1日2回の服用で24時間効果が持続します。

 

アレグラFXの特徴についてはこちらのページにまとめました。
アレグラFX(医療用アレグラ錠60mgと同じ成分の市販薬)

アレグラFXの使用上の注意点はこちら
医療用と同成分のアレグラFX(フェキソフェナジン)の用法・用量、使用上の注意点

 

アレグラFXの価格調査

アレグラFXの価格ですが、多くのドラッグストアで希望小売価格と同じ価格で販売していました。14錠入り:1380円。28錠入り:1980円。

楽天市場やamazonではもう少し安い価格で販売しているところもあります。送料との兼ね合いもありますが、上手に購入してください。

アレグラFX14錠入り

アレグラFX28錠入り

※アレグラFXは第1類医薬品のため、購入時には薬剤師から説明を受けてください。

鼻炎用内服薬

最も眠気が出にくいアレルギー性鼻炎治療薬であるアレグラFXの価格(値段)を比較してみました。ちなみに、アレグラFXのメーカー希望小売価格は28錠入り(14日分)が1980円、14錠入り(7日分)が1380円です。ドラッグストアでは定価で販売しているところが多いようです。

アレグラFXはフェキソフェナジン塩酸塩という医療用のアレグラ錠と同じ成分が入った抗アレルギー薬です。最も眠くなりにくい花粉症薬として知られています。

アレグラFXの特徴等の詳細は⇒アレグラFX(医療用アレグラ錠60mgと同じ成分の市販薬)

アレグラFX(OTC)と医療用のアレグラ錠の値段比較

「アレグラFX 28錠 入りの価格最安値は?」の続きを読む »

鼻炎用内服薬

市販薬(一般用医薬品)のアレグラFX錠と医療用のアレグラ錠とでは、使用上の注意点に違いがあります。 アレグラFXを購入する際は薬剤師に説明を受けてください。

 

アレグラFX してはいけないこと

「医療用と同成分のアレグラFX(フェキソフェナジン)の用法・用量、使用上の注意点」の続きを読む »

鼻炎用内服薬