市販薬(一般用医薬品)のアレグラFX錠と医療用のアレグラ錠とでは、使用上の注意点に違いがあります。 アレグラFXを購入する際は薬剤師に説明を受けてください。

 

アレグラFX してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります。)

  1. 次の人は服用しないでください。
    (1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人
    (2)15才未満の小児
  2. 本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も使用しないでください。
     他のアレルギー用薬(皮ふ疾患用薬,鼻炎用内服薬を含む),抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(かぜ薬,鎮咳去痰薬,乗物酔い薬,催眠鎮静薬等),制酸剤(水酸化アルミニウム・水酸化マグネシウム含有製剤),エリスロマイシン
  3. 服用前後は飲酒しないでください。
  4. 授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けてください。(動物試験で乳汁中への移行が認められています。)

 

  1. 15才未満の小児は服用しないでください⇒0~14歳の人は飲めません。15歳は服用可能です。
  2. 医療用医薬品のアレグラ錠では禁忌に設定されていませんが、一般用医薬品のアレグラFXでは注意が厳しく設定されています。

    制酸剤(水酸化アルミニウム・水酸化マグネシウム含有製剤)

     ⇒アレグラFXの作用が弱まります。

    エリスロマイシン
     ⇒アレグラFXの血中濃度が高まり、思わぬ副作用が出ることがあります。

    他のアレルギー用薬、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬

     ⇒アレグラFXと同じ作用の薬と合わせて飲むと効果はさほど変わらず、眠気等の副作用が強く出ることがあります。

  3. 服用前後は飲酒しないでください。
     ⇒アルコール中枢神経抑制作用により、眠気の副作用が強く出る場合があります。
  4. 授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けてください
     ⇒動物実験で乳汁中への移行が認められているため。

なお、妊娠中の方は、自己判断で一般用医薬品を服用せずに医師に相談することをおすすめいたします。

アレグラFXの特徴は⇒アレグラFX(医療用アレグラ錠60mgと同じ成分の市販薬)で。

アレグラFX 28錠
アレグラFX 28錠
その他鼻水の薬 錠剤はこちら

関連する医薬品